電動折り畳み自転車 SUISUI BM-A30

キャンプギア

キャンプ先でサイクリングをできたら最高だろうな~と思い、我が家は荷物だけで車がパンパンなので、折り畳み自転車なら乗るかも!?という僅かな期待で、カイホウジャパン電動折り畳み自転車BM-A30を買ってみましたのでレビューします。

ちなみに自転車で検索していると似たような商品が出てきますが、メーカーは生産終了でも、卸屋に在庫があったりします。現行品か確認するためにはメーカーのHPに行けば確認できます。生産終了している商品だと自転車が修理となった場合に、部品供給もそのうち止まり、修理できなくなる可能性もあるから注意が必要ですね。

カイホウジャパンで検索するとしっかりBM-A30が取扱い商品として載っています。ひとまず安心。

スポンサーリンク

外装

なかなか大きい段ボールに折り畳んだ状態で到着!!大人男性1人でギリギリ持てる重さ。女性には厳しそう。やはりMADE IN CHINA!!
サイドにはBlack WHITE RED と記載されている。あれREDもあったの!?と思いきや、メーカーHP確認したけど載っていないため、ないんだろう。他の型番にはREDもありそうですね。

主な装備

サドルの下あたりにバッテリーが装着されています。
バッテリーに電源マークがあり、そちらをプッシュすると電池残量が確認できます。


鍵がON、OFF、とバッテリーを外すとこの3段階に分かれています。

電動切り替えは、エコ、平坦、坂道の3段階。
バッテリーの持ちは、4時間充電でエコ走行で約30km。
5.8Ahリチウムイオンバッテリー搭載。

真ん中にライトボタンがあり、前照灯を点けることができます。
3灯LED搭載。

SHIMANO製の6段変速が装着されている。SHIMANOといえば言わずと知れた釣り竿のメーカー。釣り用具以外も作っているんですねぇ~。本体は中国製で日本製の変速機を後付けされているのでしょうか。

タイヤは20インチ。中央のシルバーのレバーを外すことで半分に折り畳むことができる。ちなみに我が家のスズキハスラーの後部座席を倒して、余裕で乗る大きさになりました。

まとめ

実際走ってみた感想は、変速切替6段で電動平坦運転でも力を入れずに、まさにSUISUI楽々走ることができる。通常は平坦運転6速で坂道がきつい場所なら切替を2~3段階に落とすぐらい。普段は1・2速は使用しないかも。速さはタイヤが20インチなだけに6速でもそこまで早くはないって印象。
キャンプ先でちょいと周辺の探索にちょうどいい感じでした。本格的なサイクリングというよりはちょい乗りって感じ。逆に本格的スポーツサイクリングだったら車に乗せるのはきついでしょうね。我が家ではあくまでキャンプ場周辺の気楽な探索が目的なので、こちらが最適といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました