【焚き火台】ファミリーキャンプにおすすめ5選

キャンプギア

今回はキャンプで焚火をするにあたり、ファミキャンでおすすめの焚火台5種類をご紹介します。

焚き火台の選び方

焚き火台の種類もメーカーや物によって様々。選ぶ基準をまとめてみました。
やはりファミキャン5人~7人ほどで焚き火をするのに、ソロ用のコンパクトな焚き火台なら物足りなさを感じます。用途に合う焚き火台を選びましょう。
・大きさ
・形状
・燃焼効率
・コンパクトに収納できるか

ファミキャンにおすすめ焚き火台5選

①スノーピーク(snow peak)焚き火台

スノーピーク(snow peak) 焚火台L
商品サイズ45 x 45 x 30 cm; 5.3 kg
製品型番ST-032R
素材本体/ステンレス、ケース/ナイロン

開いて置くだけ簡単設営
・人数に合わせて3サイズから選べる。
S(1~2人用)・M(3~4人用)・L(5~6人用)
片付ける時は折畳むだけ
厚さが1.5mm高温に耐えられるタフなスペック。

②コールマン(Coleman)ファイヤーディスク

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク
商品サイズ‎45 x 45 x 23 cm; 2.78 kg
製品型番2000031235
素材ステンレス鋼

・設営は3本の脚を広げるだけ
・収納は脚を寝せるだけ
・標準で焼き網がセット
薄くて軽く強度は問題なし
直径45cmで市販の薪がそのまま乗せられる

③ユニフレーム(UNIFRAME)ファイアグリル

UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアグリル&ケースセット
レギュラーサイズ
商品サイズ43 x 43 x 33 cm; 2.7 kg
製品型番683040
素材

・サイズはレギュラー(4~5人)ラージ(7~8人)2種類
豊富なオプション
抜群の安定性
・燃焼面積が広いので、BBQ・ダッチオーブンも問題なく使用できる。

④ピコグリル398

ピコグリル398
商品サイズ26cm×54cm×38cm 1318g
製品型番PICOGRILL-760
素材ステンレス鋼

スイスSTC社製
A4サイズの368A3サイズの760がある。
・フレームを設置して、火床を広げて差し込むだけ。
火床が広い
多くのキャンパーが使用している。

⑤ロゴス(LOGOS)the ピラミッドTAKIBI L

ロゴス(LOGOS)the ピラミッドTAKIBI L
商品サイズ幅39×奥行38.5×高さ28cm 3.72kg
製品型番‎81064162
素材ステンレス、スチール、ポリエステル

・2本の頑丈な五徳によりダッチオーブンはもちろん、串焼きも可能。
灰受け皿があるので、灰捨てもラクチン。
オプションが豊富。
・あらゆるオプションがついたコンプリートセットは最強。
・五徳を使って薪を立てられる。

まとめ

今回はファミキャンにおすすめの焚き火台をピックアップしてみました。ビギナーにはもちろん、焚き火台を買い替えを検討している人の参考になれば幸いです。キャンプにおいて焚き火シーンは気持ちを安らげる大切な時間です。是非お気に入りの焚き火台をゲットしてくださいね。

キャンプギア
Instagram&YouTubeもやっています。    ⇩フォロー&チャンネル登録お願いします⇩
九州CAMP場紹介所

コメント