コールマン(coleman)テントツーリングドームLX

キャンプギア
スポンサーリンク

Amazon限定カラー

こちらのコールマン(coleman)ツーリングドームLXの色は2色あり、通常はグリーン、Amazon限定カラーでオリーブがあります。
オリーブの方が渋い!!ということで、今回はこちらのオリーブを購入。

初めてのソロ用テント

これまでこのブログのテーマでもある【ファミリーキャンプ】がメインでした。その際に使用しているテントは【タフスクリーン2ルームハウス+】

しかし、このテント、もう何回たててもなかなか慣れない。とても大変で結構疲れる。

1人で建てれるようアシストフックがついているものの
どうしても1人で建てられない。

妻が手伝ってくれるのでなんとか建てられる状況。

これでは、キャンプ先でくつろぐ余裕がない。

ということで、今回ソロキャンプと簡単に建てられるテントを探した結果
こちらのテントを購入しました。


箱開ける前

さぁ、いよいよオープン。ツーリングドームSTという一つ小さいサイズもあったわけだが、広いに越したことはないということでこちらを選択。ちなみに違いはST=1~2用・LX=2人~3人用の違い。
STとLXの価格差は約3000円前後。STは2人ではきついとの情報もあったので、なおさらLXを希望。


箱を開けた外観

収納時サイズ 約直径24×60cm 重量5.6kg
男性片手で余裕で持てる。他のレビューでは重いとの意見があったが、当然ながら
タフスクリーン2ルームハウスに比べると軽い軽い!!
タフスクリーンが約16kgなので、重さ約1/3。

中身は、フライシートにインナーシート・ポール・ペグが包まれている。それと、取説。


設営後

最初なので取説を見ながらの設営。ポールポケットがついているので、対角のポール端はポケットに入れるだけで簡単。初めてでも20分ほどで設営完了。ちなみにキャノピーポールは、タフスクリーンのもの。ポールの一番下は折り曲げて丁度いいぐらいの高さ。

サイズ使用時:210×180×110(h)cm 高さは110cmなので、テントの中で大人は中腰になる。
まぁテント内は寝るだけなので問題なし。

ちなみにキャノピーポールがない場合は、DOD(ディーオーディー) テント タープポール 2本セット があると良いでしょう。テント以外にもタープにも使用できるので便利です。


今回慌てて行ったこともあり、テント下に敷くグランドシートを忘れました。
グランドシートは、【ロゴス(LOGOS)ぴったりグランドシート】がジャストサイズ!!
お手頃価格でもあるので、併せて購入しておくと良いでしょう。

広い前室

ソロキャンプでは十分な前室。中央に椅子を置いて、サイズにクーラーや荷物も置けます。
太陽の向きによっては遮光できない時もあるので、設営時に向きは要確認です。


前後が開けられる

前後がメッシュドアになっており、どちらからも出入り可能。インナーテント上部、フライシート上部にベンチレータがついており、換気性も良い感じです。


インナーテント内

今回、急遽親父が付いてくると言い出し、初めてのデュオキャンプ。設営後すぐワインを楽しんでいます。インナーテント内にクイックキャンプのインフレータマットWサイズを1枚ひいても、まだまだ荷物を置くスペースはあります。インフレータマットのおかげで腰痛知らずです。

インナーテント内は大人2人でも余裕の広さ。2人~3人用ではありますが、3人だときつい感じです。
なので、ソロキャンプからデュオキャンプまでもカバーと考えていた方が良いでしょう。ソロキャンプでは十分な広さです。


まとめ

今回初めてのソロキャンプ用に購入した【ツーリングドームLX】。何より設営が簡単なのが一番ですね。また、インナーテント内の広さも一人だと十分。ファミリーキャンプに行けない時は、このテントでゆっくりとしたソロキャンプを楽しみたいと思います。とても満足な商品でした。

購入はこちらから⇩⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました